セフレを見つけたいのならこのサイト!



【オススメポイント】
地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
出会いに効果的な機能が満載の人気セフレ掲示板サイト!管理人イチオシです♪




【オススメポイント】
会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーもカンタンなので初めての方にも安心の優良セフレ掲示板サイト。




【オススメポイント】
オープン制で招待がなくてもすぐに使えるから安心♪
本気で恋愛したい男女がだけが登録できるので冷やかしはありません!




【オススメポイント】
すべての機能が使いたい放題の無料セフレ掲示板サイト!
占いやゲーム機能もあるので返事待ちの間も退屈させません☆




【オススメポイント】
女性会員数がなんと驚愕の58%と業界でもトップクラスのサイト♪
特に20代~30代の会員が多いのが特徴の人気サイトです!!


最新情報

2014年7月14日
セフレの豆知識
相性の良いセフレ
恋人と言う事や、又夫婦であるという場合等は当然、セフレ掲示板をすることになるんですけどね。 性欲の解消すると言うこともある訳でありますし、又このセフレ掲示板は愛情の確認をすると言う事にもなっているわけですね。 結婚してい・・・
2014年7月12日
セフレの豆知識
変な法律
◆その1、アメリカ合衆国ワシントン州 #正常位以外の体を利用しての肉体関係を言うのも禁止! ▽ワシントンでは、肉体関係が全く面白くない、そんなプレイしか出来ないもんなんでしょうか? ◆その2、アメリカが深刻ワシントン州 ・・・
2014年7月11日
セフレの豆知識
セフレ掲示板と女性の気持ち
セフレといったものはそんなに重い関係というのではない、この様に考える方も沢山いると思います。 セフレ関係でありましたも、恋人関係で有りました、結局のところセフレ掲示板をするという共通点が有る訳ですね。 セフレ掲示板の部分・・・
2014年7月9日
その他記事
救われている人もいる
恋人がいる生活と言いましたらやはり、何といっても生活自体に張りが出てくるものですよね。 恋人がいるという場合は、季節ごとにあるよなイベントというモノも、一緒に楽しんでいる事も可能なんですね。 お互いに楽しい時間を共にする・・・
2014年7月7日
セフレの豆知識
セフレ掲示板のすすめ
セフレがほしいと考えているのであれば、素直に「セフレ掲示板」を利用したほうがよいでしょう。 従来であれば、恋人だろうとメル友だろうと不倫相手だろうとセフレだろうと、みな一緒くたに「出会い系サイト」という大きなくくりでかな・・・

相性の良いセフレ

恋人と言う事や、又夫婦であるという場合等は当然、セフレ掲示板をすることになるんですけどね。
性欲の解消すると言うこともある訳でありますし、又このセフレ掲示板は愛情の確認をすると言う事にもなっているわけですね。
結婚している者同士でありますと、子供作る意味もあるでしょうね。
恋人であったり、パートナーである、大変仲が良いと言った方たちであったと言う場合でも、このセフレ掲示板の部分の相性まで実際に良いものか?
これは甚だ疑問が出てくると思うんですよ。
必ずしも相性が良い、この様に言い切れ無い部分も出てくるでしょうね。
セフレ掲示板だけがどうしても満足出来ないと言った、そんな恋人同士や夫婦というモノは存在をしているわけですね。
当然ですが、セフレ掲示板が満足出来ないという事で、この関係を解消してしまうような流れにはならないわけですね。
何といっても他の部分は全く問題が無いと言うわけでありますから、関係を続けているのが妥当であります。
しかしどうしてもセフレ掲示板の部分の相性が良く無いという場合等、気持ち良くなれ無いわけでありますからね、セフレ掲示板自体の回数というモノも減少してしまうし、もしかしたらセフレ掲示板をし無くなってしまうといった可能性だって出てくるわけですね。
セフレ掲示板レスが続いてしまうという事になった場合等は、愛情が薄れてしまってその関係も壊れてしまうような危険性も出てくると思うんですよ。
近年では、ある人物を利用してお互いの関係を上手に保っている、この様な方たちが数多くなっているようであります。
それは、セフレを作っていると言う事なんですね。
このセフレという関係ですが、あくまでも肉体関係先を楽しむといったお相手となる訳なんですね。
セフレ関係はセフレ掲示板をするだけであり、それ以外のプライベートな部分へ干渉すことは全くありませんよ。
セフレ掲示板だよ楽しんでお別れをする、この様な関係なわけですね。
精神的な部分を大切にする恋人や、夫婦関係と言うもの一番大切な存在であるのは間違いがありますよね。
当然、気軽に別れてしまうようなこと等出来るわけありません。
しかしセフレ掲示板が満足出来ないと言った場合、この様なセフレという関係を利用することにより、我慢出来ない部分を満足させていくそして大切な人との関係を維持していくわけですね。
セフレとセフレ掲示板を満喫することにより、本命の方との関係をより良いものに保って行く、この様にすることが可能であるんですね。

変な法律

◆その1、アメリカ合衆国ワシントン州
#正常位以外の体を利用しての肉体関係を言うのも禁止!
▽ワシントンでは、肉体関係が全く面白くない、そんなプレイしか出来ないもんなんでしょうか?
◆その2、アメリカが深刻ワシントン州
#どんな状況下に置かれていても、処女等のセフレ掲示板をことは禁止する、これが例え結婚前夜であるという状況であっても同様である。
▽いったい女性はどの様にして初体験をしていけば良いものなんでしょうね?
結婚をするまでは絶対に NG なんですか?
◆その3、アメリカ合衆国オレゴン州
#セフレ掲示板のときに言葉を使って辞めるのは禁止している。
▽言葉責め記というモノも、いったいどの様なものも範疇になっているのでありましょうね。
◆その4、アメリカ合衆国バージニア州
#照明を付けてのセフレ掲示板をすることは禁止である。
▽これを全く?の状況でありますよね。
これはなで禁止にされているのか、理由が凄く知りたいですね。
◆その5、レバノン共和国
#男性は動物セフレ掲示板をすることは法律で許可されている、しかしその対象の動物はあくまでも雌の動物に限る。
もし雄動物との関係を持ってしまった場合は、死罪となってしまう。
▽いったいどの様な倫理感をもって、この様な法律を制定したのでありましょうね?
◆その6、アメリカ合衆国フロリダ州
#山あらしとのセフレ掲示板は禁止である。
▽これってもしかして山あらしと関係を持つ2人が多くいたってこと?
◆その7、アメリカ合衆国ミネソタ州
男性が魚類とのセフレ掲示板をすると言うのは禁止とされているが、女性は禁止とされていない。
▽魚との…これって妙ですよねなんだか。
しかも女性は OK だなんて…ますます分らないです。
◆その8、アメリカ合衆国ネバダ州
#議員は正式なビジネスの場所であった場合、男性器のコスチュームを切ることは禁止されている。
▽実際に事例が有るという事であるんじゃないですかこれ?
これは凄い事ですよね。
◆その9、サウジアラビア
#知らないものとキスをすることは NG とされている。
▽なんだか子供が知らない人からお菓子を貰っちゃダメ的な感じで面白いですね。
◆その10、香港
#浮気をされた奥さん側が、浮気をしたなんのを殺すという事は法的には認められている!
ただし、この場合は、素手でなければならない。
▽そこまでして殺したいと思うものでしょうかね?
上記のように、大変に不思議と思うような法律というモノも、実在しているようでありますね。
実際にこの様な法律を見ていると、こんなバカバカしいことをやってしまった人間がいるという証拠であると思うんですよ。
この様な楽しい法律を見ながら皆でわいわいと騒ぐのも面白いんじゃないのか?と思ったりもしますね。

セフレ掲示板と女性の気持ち

セフレといったものはそんなに重い関係というのではない、この様に考える方も沢山いると思います。
セフレ関係でありましたも、恋人関係で有りました、結局のところセフレ掲示板をするという共通点が有る訳ですね。
セフレ掲示板の部分でありましたら、セフレも恋人も同様である訳です。
自分自身なんですが、恋人関係というモノが大変に、重くて面倒である、という気持ちが強くあるんですね。
誰もが彼女の存在というのは大変に良いという話をするわけですね。
でも自分自身は、どうしても恋人関係というモノが、面倒だというイメージしか無いんでね。
可能でという存在の良さ、これを自分では理解することが出来ないのです。
セフレという、女性との合意の上でのセフレ掲示板というのが、一番しっくりくるきているわけでありますね。
例えセフレといった関係で有りましたが、全く遜色のあるものではないと思うんですよ。
中にはセフレ等というものは認められ無いといった意見もあるのは分かっていますが、周囲からもなんで彼女つくら無いのか?等と言われてしまうわけですけどね。
しかし自分の心の中では、何で彼女が必要なのか?全く理解出来ないんですね。
自分自身の恋人関係を作る意味合いが全く分ら無いし、だからするつもりもありません。
男女関係と言うものも、様々な形があっても良いと感じているね。
セフレ関係も悪いものである、この様な事を考える事は全くありませんね。
人によって考え方は色々あって当然だと思うんですよ。
自分自身はセフレ関係で、充分満足を得られているわけですね。
セフレ関係の否定派の方たちの気持ちが、全く理解することが出来ないんですよ。
お相手の女性だって、セフレであると言った事に対しては、了解している枠ですね。
自分も当然です。
この事でお互いに不満を事が全く無いんですよ。
お互いの関係と言うものを、思う存分楽しむことも出来てしまうといった事になるわけです。
この事で何故否定されなければならないのか?全く分りませんね。
自分は今後も恋人関係を求めることは有りません。
セフレとの関係で十分満足でありますね。

救われている人もいる

恋人がいる生活と言いましたらやはり、何といっても生活自体に張りが出てくるものですよね。
恋人がいるという場合は、季節ごとにあるよなイベントというモノも、一緒に楽しんでいる事も可能なんですね。
お互いに楽しい時間を共にすることが出来る、又肉体関係と言うものも満喫することが可能です。
当然良い部分を持っているのが恋人関係で有りますけどね、ただしこの恋人、縛られてしまうという事にもなるのは間違いが無いね。
時間的に拘束をされてしまったりもするわけで、自分の時間を割く必要が出てくるわけですね。
たまには自分一人で楽しみたいという事もあるし、男同士での楽しみをしたいと言う気持ちだって出てくるわけですがどうしても、恋人を優先するような事になる可能性が高いわけですね。
実はこの部分にストレスを感じてしまう男性だって、いるんじゃないかと思うんですよ。
この様な部分が面倒であると思って、彼女は作らずにセフレだけ作ってセフレ掲示板だけを楽しむといった人も、現在では多くいるよね。
セフレと言いましたら、セフレ掲示板だよ楽しんでいく関係となっていますからね。
プライベートな部分の干渉というものが全く無い間柄です。
あくまでもセフレ掲示板だけといったことで関係を保つわけですね。
たったこれだけの関係で済むわけでありますからね。本当にお気軽になっているんですよ。
セフレ関係を楽しむような方たちは何も、独身といった方ばかりではないんですね。
結婚している方でありましても、このセフレ関係を楽しまれている方もいるわけです。
本命の彼女がいる、結婚しているお相手以外で、しかし、色々な理由をもってセフレ関係を満喫している方がいるわけですね。
恋人やパートナーとのセフレ掲示板の相性が悪いと言う事で、セフレと楽しみような事もあるようですよ。
彼女なら、奥さんはとても大切であるが、セフレ掲示板がどうしても上手くいか無いと言う事で、欲求不満の解消する為にセフレよ利用するわけですね。
この事で欲求不満を解消することにより、恋人関係や夫婦関係を、より良いものに出来るみたいですからね。
ただし、決まったお相手がいる方は、発覚しない様に十分注意しながら楽しんでくださいね。

セフレ掲示板のすすめ

セフレがほしいと考えているのであれば、素直に「セフレ掲示板」を利用したほうがよいでしょう。
従来であれば、恋人だろうとメル友だろうと不倫相手だろうとセフレだろうと、みな一緒くたに「出会い系サイト」という大きなくくりでかなり大雑把なくくり方をしてきましたが、しかし、近年では「恋人募集重視の出会い系サイト」、「メル友掲示板」、「不倫サイト」、「セフレ掲示板」という具合に、それぞれの目的に応じて、サイトそれぞれがかなりその色を出している印象が強いです。ですから、たとえばセフレをつくりたいと考えるのであれば、素直にセフレ掲示板を利用することをおすすめしたいのです。
なぜそのように考えるのかというと、目的を特化していない「出会い系サイト」と呼ばれるサイトだと、ひとつの目的に向かって集中しにくい部分があるからです。セフレを探したいのに、なかなか同じようにセフレを探している女性が見つからないという場合には、「だったらセフレはあきらめて違う女性を探そうかな・・・」などという考え方に走ってしまう可能性が大きくなるからです。
もちろんそれはそれでかまわないといえばかまわないのですが、しかし、それだとこれまで「セフレをつくる!」という目標に向かってモチベーションをキープできていたのが、その目標を失ってしまうわけですから、モチベーションを維持するのが難しくなってしまうのです。そうなってしまうと、出会いに対しても無意識のうちに消極的なとらえ方になってしまうこともありますので、やはり目的別に特化したサイトをしっかりと利用することをおすすめします。

セフレと援助交際

男女の関係において、身体だけの関係を目的とした交流というのも十分に考えられるわけですが、同じ「身体だけの関係」であっても、そこに至るまでのプロセスがまったく違うふたつの男女関係があります。そのひとつがいわゆる「セフレ」という関係であり、もうひとつが「援助交際」という関係です。
セフレに関して言えば、これは非常にわかりやすく、男女双方が「互いの身体を目的とする」ことが前提となっているはずです。これに対して、援助交際のほうは、一方が相手の身体を目的とし、他方は自分の身体を相手に提供することの見返りとしてお金を得るという、つまり「お金を目的とする」ということが前提となっているわけです。たいていは男性が女性にお金を払い、その女性を抱くというケースが多いのが援助交際です。
結局は男女がセックスするのだから、対して変わらないではないかという考え方もあるかもしれませんが、しかし実際はそうでもありません。というのも、セフレの場合は互いが互いの身体を求めるわけですから、その関係に優位性や客観的なイニシアチブは存在しません。でも、援助交際の場合は、お金を支払う側に優位性があり、客観的に見てもそのイニシアチブが存在することになるでしょう。
また、セフレにしても援助交際にしても、「愛情」が希薄である場合が多いので多少のリスクをともなうことになりますが、よりリスキーなのは「援助交際」のほうです。というのも、基本的に法律で援助交際は禁止されており、さらにどちらかが未成年の場合は厳罰を科される可能性もあるからです。

セフレ掲示板活用法

セフレ掲示板を利用する最大の目的は、言うまでもなく「セフレを探すこと」になるでしょう。とはいえ、目的は同じであっても、サイトの活用方法自体は人それぞれ違うと考えるほうが自然でしょう。ですから、自分がセフレ掲示板に登録してみて、どんな方法でそのサイトを利用するかということについては、他人がどうだからということではなく、自分にとって最も有効に活用できる方法を自ら開拓する必要があるということになります。
とは言え、やはり成功した経験がある人の体験談を参考にすることは悪いことではありませんので、そういう考え方自体は排除する必要はありません。
そして、ここでご紹介したいのが、そんな中でも非常に有効であると思われる「作戦」です。ある人の体験談によると、これまでに片手では足りないほどの女性とセフレの関係を築いたことがあるということでした。それも、すべてセフレ掲示板を利用してということですから、その人はそういう才能に長けていたことになるのでしょう。
で、その人の作戦というのは、ひとつのセフレ掲示板にとらわれず、複数のサイトをパラレルで利用したというところが、なかなかうまいなぁ・・・というふうに感じました。それは確かに、利用するサイトが多ければ多いほど、女性へのアプローチが実る可能性は高くなるはずですから、これは納得の作戦であると個人的には思いました。
セフレ掲示板の場合、出会い系サイトのように、「特定のひとり」である必要はないわけですから、同時にふたりの女性とセフレの関係を結んだってかまわないわけです。そうしたセフレの特徴を最大限に生かしたサイトの利用法であるように感じられました。

人がセフレを求める理由

現代は価値観が多様に渦巻く時代であり、何が正しくて何が間違っているかなどということは、よほど基本的なことを除いてはその判断が難しいと言わざるを得ない時代になってきたと言えるでしょう。そんな時代ですから、結婚はしない、恋人もつくらないという考え方が特別珍しい考え方ではなくなってきているのも事実です。しかし、かわって「セフレがほしい」という考え方の人は、ひと昔前に比べて格段に増えてきているように思います。このあたりが、とても不思議なことであるような気もします。
というのも、結婚したり恋人をつくったりすれば、当然そこには身体の関係があると考えるのが自然ですが、セックスはしたいと思うにもかかわらず、結婚も恋愛も必要ないと考えるわけですから、これは不思議です。その結果、「セフレ」という究極の選択肢を選ぶわけです。
しかし、人間の本能的な部分を考えれば、そういう考え方ができないこともないということに気づきます。人間の本能は、やはり「種を守る」というところに大きな比重があるわけですから、ヒトに性欲があるのは当然のことであると言えるでしょう。その意味では、セフレという考え方もその多様な選択肢のひとつとして、それほど珍しい考え方ではなくなってきているのです。
純粋に共存の価値を見出しているのであれば結婚すればいいし、恋愛したいと考えるのであれば恋人をつくればいい、そして、純粋にセックスを楽しみたいのであれば、セフレをつくればそれで問題ない時代になってきたと考えるべきでしょう。

出会いの目的に応じてサイトを使い分ける時代

時代もずいぶんと様変わりしたため、かつては出会いを探すために出会い系サイトを利用するなんて考えもおよばなかったのが、現在ではむしろ、出会いを探すのであれば出会い系サイトを利用してしまおうと考える人のほうが多いのではないかという気さえするような、そんな時代に突入してきました。
しかも、出会いそれ自体の形が実に多様化してきているという点も見逃せません。というのも、一般的な出会い系サイトだけではなく、同じ「出会い系」の中にも、たとえば不倫の出会いに特化した「不倫サイト」や、さらにはセックスフレンドを探すことに集中した「セフレ掲示板」などと呼ばれるサイトも数多く登場し、しかも多くの人が臆面もなく利用するような時代になってきているわけです。
そうなると、かつてのように、異性と出会いたいから「出会い系サイト」を利用するという考えだけでは、自分がどんなサイトを利用したらよいのかということを決めあぐねてしまうことにもなりかねません。ですから、まずは「何のために出会いたいか」というところまで突き詰めてサイト選びをしなければならない時代になってきたと言えます。
そして実際、そういう意識を持つことで、より効率的に、しかも自分の理想に近い女性と出会いやすくなってきているということも間違いなく言えるはずです。これは、むしろユーザーにとっては歓迎すべきことであると言えるでしょう。
これからは、出会い系サイトも「使い分け」の時代になっていくことを、よく理解しておいてください。

セフレをつくる・・果たしてその方法はいかに

少し前には、セフレがいるなんていう人はほとんどいなかったような気がしますし、それに「セフレ」なんていうことばもほとんど聞かれず、やはり正式名称の「セックスフレンド」と言われることのほうがずっと多かった気がするんですが、しかし最近では、特にインターネット上では割とよくセフレをつくった体験談を目にしたり、それに今では「セックスフレンド」なんてわざわざ正式名称で呼ぶ人がいなかったりと、私たちの生活の中に違和感なくそういう関係が認められるようになってきているようです。
だったら、できることならセフレのひとりやふたりくらいはつくってみたいと考えるのが多くの男性の本音ではないでしょうか。ところが、いざつくろうと思ってみても、実際にはどんな行動をとればセフレをつくることができるのか、そのあたりがまったくわからないというのが何とも歯がゆい気持ちでもあります。
そこで、ちょっと調べてみたのですが、「セフレのつくり方」について、まあ現実的なものが何通りかあるので、ここでその一部をご紹介してみたいと思います。
まずは、「友だちからセフレを紹介してもらう」というパターンが意外と多いことに驚きました。しかも、男性同士、女性同士という紹介スタイルではなく、女性から男性に紹介を向けるという形が意外にも多かったので、これは正直驚きました。
それから、これもある意味意外であり、しかし可能性は十分に考えられるかな、と思われたのが、「気がつけば会うたびにセックスするようになっていた」という、「自然成立のセフレ」です。そして、これもまた女性のほうが求めてきたことがきっかけでそういう関係になるという場合が多いようです。
それから、当然考えつく方法として、「出会い系サイト」や「セフレ掲示板」などを駆使するケースがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ